坐禅の仕方⑨ 〜口の中〜BLOG


口の中

 

本日は坐禅中の口の中について説明いたします。

舌を上あごにつけます。

舌の先端は上の前歯の裏側につけ、唇と歯をきちんと合わせます。

こうすることにより、口から空気が入らず、鼻からの呼吸に限定することができます。

また歯を合わせることにより少しだけ口角が上がります

作法に従い、力を抜いて、優しい表情で坐りましょう。

 

次は「呼吸」について説明いたします。

 


BLOGブログ